はじめてのお通夜|お通夜の流れと服装・マナーをわかりやすく解説

はじめてお通夜に参列することになったが、服装やマナーをどうすればよいのか分からないと言った疑問にお答えします。
抑えておくべきマナーやお通夜参列にふさわしい服装を紹介します。

そもそもお通夜って何?

お通夜とはもともと遺族や故人と親しかった人が、故人の自宅などでロウソクや線香を絶やさないように一晩中守りながら、故人とともに最後の一夜を過ごすというものでした。しかし最近ではお葬式に参列できない人が故人とお別れする席へと変化してきており、告別式的な意味合いが強くなってきています。

時間も一晩中ではなく、1〜2時間程度の「半通夜」と呼ばれる形が一般的で、場所も自宅ではなく斎場で行われるケースが増えています。仕事関係や近所の方も参列しやすいとの配慮から、時間は18〜19時頃からはじまるのが一般的です。

お通夜とお葬式、両方参列しなければいけないの?

一般的にお通夜の翌日にお葬式が執り行われますが、必ず両方出席しなければならないのかというとそうではありません。
結論から言えば、親族やごく親しい友人・知人を除く一般会葬者は「お通夜のみに参列することが一般的」です。

お通夜はその名の通り夜に執り行われますので、日中仕事をしている人でも夜に参列することができます。翌日の葬儀のために必ず仕事を休む必要はありませんが、故人とあなたとの関係性で判断されるのが良いでしょう。

お通夜での服装は何を着ていけば良い?

お通夜には葬儀と同様に喪服を着用するのがマナーとなっています。男女ともブラックフォーマル(礼服)が基本。

特に女性はアクセサリーなどの光り物は身に付けないようにします。ネックレスはパールの1連のものや黒真珠やオニキスなどの黒い宝石であれば着用可。しかし必ず1連のものを着用します。理由は2連3連のネックレスは「不幸が重なる」という意味から弔事ではタブーとされています。

また男女とも「殺生を連想させる」毛皮やファーの付いたアイテムはマナー違反となるので注意しましょう。
子どもの場合は学生服。制服が無い小学校などに通っている子どもであれば、白か黒の地味な普段着でも構いません。

服装や小物に関しては以下の記事で詳しくまとめているので併せてどうぞ

お通夜当日の流れを紹介

この章ではお通夜の流れを紹介します。地域によって若干異なりますが、ごく一般的なお通夜を例にとって解説します

  • 手順1
    受付にてお悔やみの言葉を述べる
    会場に着いたら受付に向かい、遺族にお悔やみの言葉を述べます。
    お悔やみの言葉は「このたびはご愁傷様でございます」「心よりお悔やみ申し上げます」と言ったものが一般的。

    ご家族を亡くされ、悲しみに暮れているご遺族を励ます言葉をかけます。

  • 手順2
    香典を渡し、芳名帳へ記帳
    袱紗(ふくさ)にから香典を出し渡します。金額は仕事の関係者や知人・友人であれば5,000円~1万円が一般的です。
    芳名帳へ名前を記帳し会場に入ります。
  • 手順3
    祭壇へお焼香を行う
    お焼香の基本的なやり方は、右手の親指・人差し指・中指の3本で抹香(まっこう)をつまみ、目の高さまで持ち上げます。そして指をこすりながら香炉の中に落とす動作を1~3回繰り返し行います。
    お焼香のやり方は以下の動画が参考になります。

    参列者のお焼香が終わった後、僧侶からお話がありお通夜の式自体は終了となります。

  • 手順4
    通夜振る舞いをいただく
    読経とお焼香が終わったら別室で通夜振る舞いをいただきます。(地域によっては省略されることもあります)

通夜振る舞いは断らないのがマナー

通夜振る舞いとは故人を偲んで思い出話をしながら食事をしたりお酒を飲む席のことを言います。
故人への供養や遺族から弔問客へのお礼の意味が込められていますので基本的にお誘いは断らずにいただくのがマナー。

どうしても時間がないと言った場合でも一旦は参加して料理に箸を付け、早めに切り上げるようにすると良いでしょう。

故人と最後のお別れは最低限のマナーで

特に若い方に取ってはお通夜やお葬式はそうたくさん参列するものではありませんし、しきたりやマナーなど覚えるべきこともたくさんあります。しかし故人との最後のお別れですから、周りの方やご遺族の気持ちに配慮してお見送りをしてあげたいものですね。

この記事が参考になれば幸いです。

おすすめ葬儀社ランキング

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です