もしあなたが喪主になったら|臨終から葬儀の流れ【やることリスト】

お葬式の責任者である「喪主(もしゅ)」。遺族の代表として葬儀を主催する、大切な役割です。

この記事では初めて喪主を務めることになった方のために【葬儀の準備】【葬儀の当日】を各パートに分け紹介していきます。
喪主がやらなければならないことはかなり多くて大変。突然やってくる身内の訃報に慌てずしっかり段取りできるように、ぜひご活用下さい。

喪主は誰がやるの?決め方は?

喪主のイラスト

はじめに喪主の決め方について。喪主を選ぶ際に最も影響力を持つのは「故人の遺言」です。遺言書の中に喪主を指名がある場合には、その方が故人の遺志として喪主を務めます。

遺言書に指定が無ければ、以下の基準で喪主を決定します。

故人の配偶者(優先順位:高)

一般的に「故人の配偶者」が喪主になるのが最も多いケース。それ以前は家督を継ぐという意味で故人の後継者(長男など)が務めるケースもありましたが、現在ではそうした意識は薄れてきており、特別な理由が無ければ配偶者が喪主となります。

故人と血縁関係の深い親族(優先度:中)

故人の配偶者が高齢であったり、すでにお亡くなりになっている場合には、親族が喪主を務めます。故人に子どもがいれば、その子が喪主を務めるのが一般的ですが、子どもが小さければ故人の兄弟や親、喪主になります。

血縁関係の深さを基準にふさわしい方を決めます。

配偶者や血縁者がいない場合は?

故人に配偶者や血縁者がいない場合は友人や知人など生前に親交の深かった方や入所していた老人ホームの代表などが喪主を務めるケースも。
この場合は喪主ではなく「世話人」や「友人代表」として葬儀を取り仕切ります。

喪主は1人じゃなくても良いの?

喪主は必ずしも一人である必要はありません。葬儀が滞り無く進行できるようにという理由から複数人が喪主を務めるケースあります。喪主というのは遺族の代表という意味ですので、喪主かどうかではなく、遺族や親しい人で協力しあって故人の最後をお見送りするのが望ましいと言えるでしょう。

ご逝去から葬儀までの流れを解説

では、喪主がやるべきことを詳しく紹介する前に亡くなってから葬儀を終えるまでの流れを解説します。通常、臨終から葬儀が終わるまで最短で3日間を要します。

MEMO
病院で亡くなるケースが大半なので、病院でお亡くなりになったケースを仮定しています。
  • 逝去日(1日目)
    ご臨終

    ご臨終のイラスト
    病院から死亡診断書を受け取ります

  • 逝去日(1日目)
    ご遺体の搬送
    ご遺体を安置場所へ搬送します。自宅・斎場・葬儀社のどこへ搬送するかを決定しておきましょう。

    どこで葬儀をあげているか決まっている場合は葬儀社へ連絡し、搬送の手配をします。葬儀社が決まっていない場合は病院から紹介してもらえますが、一般的に自分で探した葬儀社よりも割高になるケースが多いようです。

     

    MEMO
    葬儀社は自分たちで選んだ方が費用を抑えることができます。
  • 逝去日(1日目)
    ご遺体の安置・枕飾り

    枕飾り

    安置場所へ到着したご遺体の枕元に枕飾りを設置します。
    ※葬儀社が全てやってくれます

  • 逝去日(1日目)
    お寺へ連絡
    近くに菩提寺がある場合にはお寺に連絡を入れ、読経を手配します。近くに無い場合には僧侶の手配を葬儀社に頼む事もできます。
  • 逝去日(1日目)
    通夜・葬儀の打ち合わせ
    葬儀社を交えて葬儀の打ち合わせを行います。斎場・火葬場の空き具合やご遺族の都合を考慮し、日程を決定します。このほか引き出物や接待用の食事の手配、近親者への連絡などを行います。
    ※細かなスケジュールの調整は葬儀社が全てやってくれます。
  • 逝去日(1日目)
    死亡届の記入〜提出
    病院から発行された死亡届へ必要事項を記入し、役所へ提出します。
    ※死亡届の提出は、ご逝去日より7日以内。葬儀社が代行してくれます。
  • 逝去日(1日目)
    納棺

    納棺のイラスト
    ご遺体を棺に納めます。納棺師という専門の方がおり、全てお任せするのが一般的です。

  • 2日目:通夜
    通夜の進行
    僧侶への御礼ともてなし・会葬者への挨拶
  • 3日目
    葬儀・告別式・出棺
    葬儀の進行、弔問客への挨拶、棺の釘打ち儀など
  • 3日目
    火葬・骨上げ
    火葬場にて火葬許可証を係の方へ渡す、骨上げを行う
  • 3日目
    還骨法要(かんこつほうよう)
  • 火葬場から遺骨を持ち帰り還骨法要を行う

このようにご逝去から通夜・葬儀まで喪主がやるべきことは多岐にわたります。可能な限り親族で手分けして各種の手配をするのが望ましいです。喪主を務めるのは機会はそう何度もありませんので分からないことは葬儀社の方と相談しながら決めていきましょう。

全国の葬儀社から資料を一括請求

次の章では流れに沿って詳しくご紹介します。

喪主がやることリスト【葬儀の準備編】

①葬儀社への連絡、お寺への連絡

身内の方がご逝去されたら喪主となる方は葬儀社へ連絡を入れます。葬儀会場の手配やご遺体の安置場所を決定しますが、基本的には葬儀社の指示に従って進めれば問題ありません。
同時に菩提寺へ連絡し、僧侶の手配をします。菩提寺が遠方の場合には近隣の同じ宗派のお寺に依頼するのが一般的。こちらも葬儀社へ相談すれば手配してもらえます。

②遺影の準備

遺影のイラスト

故人の写真から遺影にふさわしい写真を選びます。その写真を元に葬儀社が背景や服装などを画像処理して遺影に仕上げてくれます。

③重要:葬儀社は可能な限り予め決めておく

病院でご臨終を迎えると死亡診断書が発行され、ご遺体を安置場所に移すように促されます。この時決まった葬儀社が無い場合は、病院から提携の葬儀社を紹介してもらうことができますが、病院提携の葬儀社は一般的に割高なことが多いようです。

そのため、葬儀社は可能な限り事前に決めておくのがベストな選択と言えます。

葬儀レビでは全国の提携葬儀社400社の中から一括で無料見積りができるので、こうしたサービスを活用すれば予算や希望にあった葬儀社を選ぶことができます。

④死亡届の受け取り→死亡届の提出

病院から受け取った死亡診断書をもとに死亡届を記入し、市町村の役所に提出します。死亡届が受理されると、火葬証明書が発行されます。
※役所への書類の提出は葬儀社が代行してくれます

⑤枕経と納棺

安置場所に安置が完了したらしたら枕経を行います。枕経は故人の最初の供養であり、僧侶に読経をしてもらいます。
数珠が必要ですので準備をしておきましょう。枕経が終わったら通夜までに納棺を済ませます。

⑥葬儀社と打ち合わせ

葬儀社を交えてお通夜と葬儀の日程を決定します。葬儀の日程は火葬場や斎場の空き状況などを確認しながら調整するため、葬儀社に一任するのが一般的。日取りは友引以外の日から選ばれます。

MEMO
友引は「友を引く」という意味から不幸が続くのを避けるため、葬儀を行いません。
  • 見積りと予算が合っているか
  • 総額どれくらいかかるか
  • 提示された料金に何が含まれるか(オプションの有無)

あとあとトラブルに発展しないように特に葬儀にかかる費用などはこのとき確認しておきます。

⑦参列者に日程を知らせる

故人と生前信仰があった友人や知人、仕事関係社などへ葬儀の日程を知らせます。会葬者に弔辞を依頼する場合はその旨もしっかり相手に伝えます。
このほか葬儀当日の受付や駐車場係などを誰が行うのかも決めておきます。

⑧精進料理の内容や飲み物、引き出物の手配

料理は葬儀のプランに含まれている場合もありますが、含まれていない場合は、仕出し料理店などに手配します。

引き出物は香典返しと同じ意味です。通常香典返しは四十九日近辺に行いますが、現在では葬儀の際に一律の品をお返しする「即日渡し」が主流。目安は香典のおよそ半額程度となっています。ですが、高額の香典を頂いた場合には、後日改めて香典返しを行います。これを「あと返し」と呼びます。

喪主がやることリスト【お通夜から葬儀まで】

ここからはお通夜から葬儀までのパートです。

⑨お通夜

通夜とは故人の思い出を語り合う最後の夜。もともとお通夜はロウソクの火や線香を絶やさないように見守りながら夜を明かす風習のこと。しかし現在では斎場などの専用の安置場所でご遺体を安置することが増えてきたため、一晩中起きていなければならないという風習はあまり行われていません。

【お通夜の流れ】

一般的にこのような流れで進み、約1〜2時間で終わることが多いようです。

⑩葬儀当日の準備

葬儀がはじめる前にお供え物や祭壇のチッェク、弔電を読み上げる順番やお花並び順などを確認します。通常こうした準備は葬儀社がやってくれますが、喪主として立会い、間違いが無いかをチェックします。

⑪葬儀

祭壇の写真

一般的な葬儀の流れは以下の通りです。

⑫出棺

出棺のイラスト

葬儀が終わったら出棺の儀式です。棺に蓋をして喪主、遺族が順番に釘打ちし、喪主が参列者に向けて挨拶、火葬場へ移動します。

⑬火葬

火葬場についたら火葬許可証を業者に渡し、火葬が始まります。終わるまでは待合筆で待機します。およそ1〜2時間で火葬が完了します。

⑭骨上げ

火葬された遺骨を骨壷に収めます。遺骨を箸で順番に納めていく理由は、故人が三途の川を無事に渡れるように「橋渡しをする」という意味が込められています。

注意
遺骨を分骨する際は、必ず葬儀社へその旨を伝えておき、分骨する文の骨壷を用意してもらいます。
火葬場の係の方にも事前に伝えておくとトラブルなく進めることができます。

⑮還骨法要

火葬した遺骨を斎場や自宅に持ち帰り還骨法要(かんこつほうよう)を執り行います。僧侶による読経と焼香が行われます。

⑯繰り上げ初七日法要

初七日法要とは、その名の通り一般的に故人が亡くなって七日目に行われる法要のことですが、遠方からの参列者が多くいたり、遺族の負担を減らす目的で、還骨法要と一緒に「繰り上げ初七日法要」として行われるのが一般的となっています。

⑰仕上げ・精進落とし

僧侶と世話役などの来賓をに対してお礼と労いの意味を込めて「仕上げ」、「精進落とし」と呼ばれる会食でもてなします。精進落しは本来四十九日法要を終えてから行われていましたが、こちらも初七日法要と同様の理由から併せて行われるのが主流となっています。

会食を終え僧侶が帰られる際にお布施、お車代を渡します。

⑱供物・弔電などの整理

すべての式を終えたら喪主は受付係から会葬者名簿と香典を受け取り、届いた供物や参列者の名刺、弔電などを整理します。
※祭壇や生花などの会場の後片付けは業者が行います。

⑲御礼まわり

葬儀を手伝ってくれた方やお寺、故人の勤務先などにお礼の挨拶をします。遅くとも初七日までには御礼を済ませるのがマナーです。
御礼は菓子折りなどを持参する場合もあれば電話やお礼状で済ませる場合もあります。

⑳香典返し(あと返し)

高額の香典を頂いだいた参列者に対し「あと返し」と呼ばれる香典返しを送ります。品物は不祝儀がいつまでも残らないようにという意味合いから食品や消耗品などの「すぐなくなるもの」を選びます。

まとめ:喪主はやることが多いので葬儀社のサポートが必須

ご臨終から葬儀終了まで一連の流れを紹介しました。葬儀を執り行う上で喪主の役割は非常に大きく、同時に負担もかなりのもの。

そんな時に頼りになるのが、葬儀のプロである葬儀社の存在です。

わからないことや不安なことは随時彼らのサポートを仰ぎましょう。やはり信頼できる葬儀社に頼むのが必要不可欠となってきます。
【葬儀レビ】では全国の葬儀社から同時に見積もりを取ることが可能。事前に葬儀社を決定し内容をイメージしておくだけで不安が取り除かれ、スムーズに葬儀を執り行うことができます。

おすすめ葬儀社ランキング

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です