はじめてのお葬式|お葬式の服装・マナーをわかりやすく解説!

はじめてお葬式にいくことになったけど、基本的なマナーやどんな服装で行けば良いのか分からない

といった方の為に、この記事ではお葬式にふさわしい服装やマナーなどを詳しく解説します。
冠婚葬祭は古いしきたりなどがいまだに多く残っており、面倒だからと無視すればご自分の評判を下げてしまうばかりか、ご遺族や他の参列者にも不快感を与えてしまいます。

気持ちよく故人を見送るため、最低限のマナーは心得ておきたいものです。
  • お葬式に参列することになったがマナーが分からない
  • どんな服装でいけば良いのか分からない

これを読めばお葬式のマナー・服装に関する疑問が全て解決します

お葬式ではどんな服装でいけば良い?基本的なルール

はじめの章では葬儀での服装について紹介します。

礼服と喪服って違うの?→同じものでOKです

お葬式で着る服装と言えば「喪服」ですが、一般的にブラックフォーマルと呼ばれるスーツを着用します。
似た言葉に「礼服」があります。これは冠婚葬祭に用いるスーツ全般を差すため、喪服は【お葬式や豊富で着用する礼服】になります。つまり結婚式で着る礼服も、お葬式で着る喪服も基本的にはおなじもので差し支えありません。

黒いビジネススーツはNG

普段仕事で着ている黒いスーツがあるからと、そのスーツを喪服代わりにするのはNG。一般的にブラックフォーマルに比べて通常のスーツの生地は光沢があるのが特徴。一方ブラックフォーマルは光の反射を抑えた生地で作られており、同じ黒でも質感が全く異なるため、全員喪服の中で一人黒いビジネススーツを着ていると目立ってしまうため避けましょう。

これは女性用のスーツでも同じ。必ず冠婚葬祭用の礼服を着用するようにします。

喪服の基本的な着こなし(男性)

男性の喪服

礼服と喪服は同じブラックフォーマルスーツを用いますが、身につける小物やなどが異なります。男性用の喪服の場合、一番大きなポイントはネクタイです。結婚式などのお祝いごとでは白色のネクタイを着用しますが、葬儀の場合、ネクタイは黒い無地のものを着用します。さらに光沢のある素材は避け、タイピンなどの小物も着用しません。

お葬式に基本的なマナーとして「光沢のあるものは避ける」という決まりがあります。

きらびやかな装飾品はお葬式の場には不釣り合いなので、こういうルールになっています。Yシャツも必ず白い無地のものを着用します。ベルトも上記と同じ理由から黒が基本。柄が入っていたり、光沢のあるもの、派手なものはNGです。

アクセサリー類は全て外します。結婚指輪のみ着用していても問題ありません。また腕時計も大きすぎるものや派手すぎるものはNG。一般的なデザインのものであれば着用したままでも構いませんが、判断がつかなければ外しておいたほうが無難です。

意外と見落としがちなのが靴。合皮もしくは本側の黒い靴を着用します。ここでも金具がついていたり光沢感の強い素材は好ましくありません。

フォーマルシーンの革靴で一番ふさわしいのが「内羽根のストレートチップ」。内羽根とは紐の部分がピッタリと閉じたデザインのものを指します。ストレートチップは爪先部分に横一文字のラインが入った靴の事をいいます。

内羽根ストレートチップ

内羽根ストレートチップ

冬場であればコートも必要です。ここでも基本は黒いものを。ダウンジャケットやジャンパーなどのカジュアルなものは避けましょう。

細かなルールが多いですが、フォーマル用として一式用意しておけば冠婚葬祭で困ることはありません。

男性の喪服の着こなしまとめ
  • 上下黒のブラックフォーマル
  • Yシャツは白無地
  • ネクタイは黒無地で光沢感のないもの
  • ハンカチなどの小物類もフォーマル用のものを一式揃える
  • 結婚指輪以外のアクセサリーは全て外す(派手な時計もNG)
  • 靴はフォーマルな黒い革靴を着用
  • コートは着用OKだが、カジュアルなデザインは避ける

喪服の基本的な着こなし(女性)

女性の喪服

女性の場合も男性と同じくブラックフォーマルが基本です。パンプスはヒールの低いものを着用するのがマナー。バッグは光沢があるもの、派手な飾りがついていない黒いものを使用します。

またお葬式では「殺生を連想させないもの」を身につけるのが基本。そのため毛皮のコートやファーの付いたストールなどはNG。しかし牛革などのレザー製品は一般的な参列であれば特に問題ありません。

お葬式の場では基本的に「肌を露出しない服装」が望ましいです。そのためストッキングも肌色や生足を避け、黒い無地のものを着用します。ヘアスタイル、メイクも派手になりすぎないようにナチュラルな印象にとどめます。髪留めは飾りのついていないもの、黒いヘアゴムが理想的です。

アクセサリーは最小限のネックレス・イヤリング程度にとどめます。小ぶりのパールが望ましいですが、黒真珠やオニキスといった黒い宝石類も着用OK。そして、ネックレスは必ず一連のものを着用します。というのも二連・三連のネックレスは「不幸が重なる」ことを連想させるため、お葬式ではタブーです。

男性同様、結婚指輪はOKですが、弔事ですからできるだけ控えめな服装を心がけます。

女性の喪服の着こなしまとめ
  • 上下黒のブラックスーツ
  • 極力肌を出さずストッキングは黒無地
  • バッグは黒い無地のもの
  • 殺生を連想させる毛皮類は絶対NG
  • メイク・ヘアスタイルはナチュラルに
  • 結婚指輪以外のアクセサリーは全て外す
  • パンプスはヒールの低いものを着用
  • ネックレスを付ける場合は必ず一連(二連三連は不幸がかなさることを連想させる)

「平服でお越しください」ってどういう意味?

葬儀ではなく偲ぶ会(お別れの会)といったセレモニーに招かれる場合もあるかと思います。その際の招待状などに「平服でお越しください」と書かれていた場合にはどんなものを着ればよいのでしょうか。

お別れの会での平服とは一般的に「略喪服」のことを言います。

喪服には「正喪服」「準喪服」「略喪服」の3種類があり、ドレスコードの格式が決まっています。上の章で紹介した喪服は「準喪服」で、お葬式に参列する人の装い。平服は準喪服よりも更に簡略化された服装という意味になります。

間違っても「普段着でお越しください」という意味ではありませんので注意しましょう。

一般的な男性の平服

男性の場合黒やダークグレーなどの地味な色合いのスーツ。無地かそれに近い柄であれば問題ありません。シャツやネクタイ、小物類などは上記の準喪服のスタイルに沿って選べば問題ありません。

一般的な女性の平服

準喪服と同様にワンピースやスーツを着用しますが、色はグレーや紺でも構いません。小物類はこちらも同様に準喪服のスタイルに沿って選ぶと良いでしょう。

MEMO
平服での参列は「それほどかしこまらなくても良いですよ」という意味です。ブラックフォーマルよりも簡略化された略喪服の装いで参列しましょう。

遺族よりも高い格式の喪服を着るのはNG

参列者が着る準喪服、平服を意味する略喪服の他に遺族側が着るのが「正喪服」です。正喪服はその名の通り最も格式の高い喪服で、喪主やその配偶者、喪主の近親者が身に付けるものです。

男性は黒のモーニングコートや紋付羽織袴、女性は黒で無地のワンピースやアンサンブル、スーツ、黒無地の着物を着用します。一般的にゲストである参列者は遺族側よりも格式の高い喪服を着ないことがマナーとなっているため気をつけましょう。

お葬式で子どもには何を着せればいい?

お子さんをお持ちの方は葬儀に連れて行く際の服装に悩まれるのではないでしょうか。中学生・高校生の場合は「学生服」で問題ありません。爪入りの学ランのほか、学校指定のブレザーでも失礼には当たりませんので、学校の制服があればそれで構いません。

学生服がない中学高校に通っている子や、小学生で制服がない場合は、白や黒の地味めな普段着で良いとされています。

イメージとしては「入学式や卒業式に来ていく服装」と考えればわかりやすいかと思います。

赤ちゃん・乳幼児の服装は?

さらに小さい赤ちゃんや保育園児の場合も同様に白か黒の地味な色のものであればOK。赤ちゃんの場合には授乳をしなければいけないので、このことも考慮して服が汚れないようにタオルなどを準備しておくことも大事です。

式の最中に泣き出してもすぐに出られるように小さいお子さんをお連れの方は出入り口付近に着席するなどの配慮をすると良いでしょう。

葬儀に必要な持ち物や小物類

次に男女共通の持ち物について紹介します。

袱紗(ふくさ)は弔事用のものを使う

葬儀に参列する際は香典を持参します。会場まで香典を持っていく際に香典を袱紗(ふくさ)という布に包んで受付まで持っていき、係の方にお渡しします。

袱紗とは熨斗(のし)袋の水引がくずれたり袋が皺になることを防ぐ心遣い、また先方の心中や祭礼を重んじ、喜びや悲しみを共にする気持ちを示す意味があり、冠婚葬祭には欠かせないものです。

結婚式などには慶事用、お葬式などには弔事用と、使用するシーンによって種類が異なるので注意しましょう。

弔事の際は「不祝儀」の袱紗を使います。紫色・緑色・紺色・藍色・鼠色等青系統色といった暗めの色が特徴。
逆に結婚式などのお祝いごとの際には紫色・赤色・朱色・エンジ色等赤系統色の袱紗が用いられます。

弔事用の袱紗(ふくさ)

弔事用の袱紗(ふくさ)

MEMO
お葬式には必ず弔事用の袱紗を持参します

数珠は自分の宗派のものを。わからなければ略式数珠でもOK

仏式のお葬式に欠かせない持ち物として数珠がありますが、どんなものを用意すればよいのでしょうか。数珠は基本的に自分の家の宗派のものを持参するのが習わしとなっています。

宗派ごとに形などが異なりますが使い方は共通です。持ち方は、左手に掛け、輪の中に右手を入れ、合掌します。座って読経などを聞いている時は左手首にかけ、焼香などで歩く必要がある時は房を下にして左手で持ちます。

左手で持つのは、左手が仏の清浄な世界を、右手が我々の世界を指しているからです。

数珠は本来僧侶が読経を数えるために使っていた仏具ですから、仏式ではないキリスト教や神道の葬式の場合は、数珠を用意する必要はありません。
また自分の家の宗派がよくわからないといった場合には宗派に関わらず利用できる「略式念珠」といったものもありますので、こうしたものを一つ用意しておくと便利でしょう。

略式数珠

略式数珠

MEMO
数珠は人に貸したり借りたり共有するものではないので、必ず自分専用のものを用意しておく必要があります。

雨の日は傘に色柄にも注意

天気が悪い日の葬儀に参列する場合には、傘をさして参列することがあります。この場合も派手な柄の傘はNG。黒またはそれに近い地味な色の傘を持っていくようにしましょう。派手な柄の傘しか持っていない場合であれば透明のビニール傘の方が良いでしょう。

最後のお別れを最高の思い出に

お葬式は個人との最後のお別れの場。であるがゆえにやはり身だしなみやマナーには気を使いたいものです。特に初めて葬儀に参列する方にとっては、形式張って堅苦しいものに感じられるかもしれませんが、他の参列者やご遺族、そして故人に失礼のないように最低限のマナーは必要かと思います。生前お世話になった故人に対しての心遣いではないでしょうか。

この記事がそのお役に立てたなら幸いです。

あなたが喪主になった時に役立つ記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です